LongNose-Life

☆AquaCreatures:BlackShadow.Turquoise.JapanBlue.RedBee.Otocin.Ramshorn☆ ☆AquaPlant:Bucephalandra sp.☆ ☆mylife☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援クリックお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

カマイタチ

今日は髪を切った。
夏らしく、そして男らしく短く爽やかな感じになりました(笑)
切ったのはもちろん1000円カットなんだけど今日はすごい混んでいた。
不思議なのは1000円カットには女の人が多いということ。
女の人は男と違っておしゃれに気を使うから1000円カットどころか床屋にもいかず美容院というイメージがあったんだけど男より女の人の割合の方が多いんじゃないかというくらいいっぱいいる。
まあ元々美容院に行っていた僕も「1000円カットでも十分だな」と感じるんだから同じことか?
でもこままじゃ美容院業界まずくない?

土曜日ということで毎週恒例の水換えを実施した。
特に何の変化もなく淡々と水を換えたんだけど、終わってからキレイになった水槽を眺めていると・・・
セミアキルス7.2-1
ん?
なんかおかしいぞ?

セミアキルス7.2-2
NOooooooooooooooooooo

セミアキルスの尾鰭が不自然に切れてるじゃないか
いったい何が?
水槽内には魚を傷つけるようなものは何もないし喧嘩か?
そういえばこいつはちょくちょく小競り合いをしているなぁ・・・・
ってそんなことでこんな不自然に尾鰭が切れたりしないよ!

じゃあなんだ?
もしかして恐怖のアレか?

どうやら口に出すのも恐ろしい恐怖の「カマイタチ」が僕の水槽に現れたようです
アクアリストなら経験ある人もいると思いますが、まったく思い当たる事がない魚の傷・・・
アレってカマイタチの仕業ですから!
それにしても神隠しに次いでカマイタチまで現れるなんて・・・・
※僕はイタチですがカマイタチの仲間ではありません。

うちの水槽呪われたか?
もう1度塩で清めるか?

切れた尾鰭がピラピラとくっ付いてるから病気じゃなくてケガであることは間違いなさそう。
とはいえ前回のペルーナルキの件もあるからしばらくは注意観察が必要そうだ。

応援クリックお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

セミアキの新バリエーション

今日は先週のリベンジでうどんを作りました。
何を変えたかというと「小麦粉」と「生地を寝かせる時間」の2点を変更しました。
前回は薄力粉だけで作りましたがうどんは中力粉で作るのが当たり前ということで今回は薄力粉+強力粉のなんちゃって中力粉で作りました。
そして昨日の夜に生地を作って約半日寝かせておきました。
結果は「前回よりは良くなったけど・・・」って感じでした(笑)
茹で時間も足りなかった気がするしもっと研究が必要ですね。

アクアの方は珍しくネタがいろいろあります。
でも、もったいないから小出しでいきますけどね(笑)

そんな豊富なアクアネタを勝ち抜いて今日紹介するのがこちらのコリドラス!
ブラッククレッセント
その名も「セミアキルス・ブラッククレッセント」だーーーーーーーーー!

これはkacchanpapaさんが送ってくれた画像でペスカドールで購入した個体です。
kacchanpapaさんありがとうございます

一見するとブラックペルーのように見えますが違いますよ~
「ここが違う!」「ここも違う!!」とうんちくを語りたいんですが僕のコリじゃないし、そもそも実物を見たことが無いのでグッと我慢して基本的な違いを・・・

特徴は尾鰭に鮮明な縦縞が入ること+クレッセントの模様を持っているということです。
僕は尾鰭に縦縞が入るバリエーションが大好きなんですが、尾鰭に縦縞が入る個体でクレッセントの特徴を持つ個体は初めて見ました。
大きいし、体型も僕の好きな長さがでるタイプっぽいし欲しいですねぇ・・・・

kacchanpapaさんから入荷の情報を教えていただいて直ぐにペスカドールに写真を送ってもらったんですが未だに悩み中なんです。
というのも次買うのはセミアキルス・ブラジルにしようと決めているのでそれまではコリドラスを増やさないようにしなきゃいけないからなんです。
でも尾鰭に縦縞が入るバリエーションはおさえておきたいな~
ほぼ見送りで決定していたのに欲しくなっちゃいました

応援クリックお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

三日月のヤツ

昨日のコリクイズの答えは「セミアキルス・クレッセントの雌」でした。
chaco17さん大正解です
すばらしいですね~
あの写真でセミアキのバリエーションまで分かるなんてもう立派なセミアキストですね。
是非ロングノーズコリの飼育を始めてください

今日の様子
セミアキルス・クレッセント
↑エサ喰いもいいし小競り合いもなくみんなと仲良くやってます。
「また、ノートリートメントかよ!」ってツッコミはご遠慮ください

このセミアキルス・クレッセントは昨日の写真の○で囲った部分(目と背鰭の間)にクレッセント(三日月)模様が入ることからこの名前になったようです。
なので見分けの最大のポイントがこのクレッセント模様です。

しかしセミアキV等にもこのクレセント模様をもつ個体がいますのでこの模様だけ気にしてるとわからなくなります。
そんな時はアイバンドを見てください。
クレッセントは良く見るとアイバンドが垂直に入る感じがあります。
これはセミアキVにはありませんのでここも見分けの参考にしてください。
あとは全体のフォルムがフォーレリーっぽいとかありますが抽象的過ぎるので

でもこのセミアキルス・クレッセントは本当に買う気はなかったんです。
くどいようですがもうコリドラスは増やさないと決めてるし、この前のブッラクペルーのような極上個体ってわけでもなかったので、見るだけにしようと思っていたんです。

ただ「うちにクレッセントいないな~」とか「繁殖にはちょうどいいサイズの雌だな~」とか「GWセールで激安だな~」とか思ってたらいつのまにか買う事になってたんですよ
怖いですねぇ~(笑)

この個体は写真で見ても分かるように最大の特徴部分のクレッセント(三日月)模様がはっきり出ていません。
残っていた個体の中でもコイツが1番クレッセント模様が出ていませんでしたが全体のフォルム、顔の形と顔つき、ふくよかな体型などでコイツを選びました。
クレッセント模様は無いけど顔がシュッと長くてかっこいいでしょ?
それに「もう抱卵してるんじゃない?」って思うくらい状態抜群です。

クレッセント部分のアップ
クレッセント頭部
↑やっぱり全然模様が出ていない
おそらく今後もクレッセント模様がはっきり出てくることはないと思いますが良い個体だと思います。


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

猫目と丸目2

今日は昨日書くはずだった猫目と丸目の続きです。
前回はブラックペルーとペルーナルキでしたが、今日はフォーレリー系とセミアキルス系全般です。
興味ない人にとっては前回よりもかなりうざい内容ですがどうか温かい目でみてやってください

まずは早速フォーレリー系からどうぞ。

フォーレリータイプAの目
フォーレリーB目
丸目ですね

フォーレリータイプBの目
フォーレリーA目
写真が凄く悪いけど・・・丸目ですね。

コリアタエの目
コリアタエ目
完全に丸目です

うちにはフォーレリーが2タイプいますが2タイプとも丸目でした。
この2タイプは体型が全然違うし体色も違うので明らかに別産地だとおもいますが目は同じでしたね。
またコリアタエも丸目なので単純な結論としてフォーレリー系は丸目のようです。


続いて問題のセミアキルス系です。

ブラックバタフライの目
ブラックバタフライ目
とても微妙・・・写真の写り方次第な感じですが実際に観察すると丸目かな?

セミアキルスVの目
セミアキルスV目
完全に丸目ですね。
うちには2匹いますが2匹とも同じく丸目です。

アイバンドが垂直に入る謎のセミアキルスの目
セミアキルス?
どうしてもうまく写真が撮れないので過去画像からですが、まあ丸目ですね。
後ろのペルーナルキが猫目だからよけいに丸目に見えますね(笑)

セミアキルスブラジルの目
CBセミアキルスブラジル
うちにはこのブリードされたチビ個体しかいないけど・・・丸目ですね。

セミアキルスとしてよく出回っているのがセミアキルスVやクレッセントだと思いますがこれらは丸目だということになります。
そしていわゆる「本物のセミアキルス」といわれているセミキルスブラジルも丸目でした。
問題はセミアキルスブラジルと同じく「本物のセミアキルス」と言われているもう1種のブラックペルーが猫目だったということです。
参考までにセミアキルスブラジルとブラックペルーがなぜ「本物のセミアキルス」と言われてるかと言うと、学術記載する際にブラジル産の個体をホロタイプとしブラックペルーをパラタイプとしたためにこの2種が正式な記載種となり本物といわれる所以だそうです。
当然、学術記載する時にはその魚の形質を細かく書くでしょうから目の形状についても触れてるものだと思うんですが、この2種の目の違いはどう処理したんですかね?
それとも全然気づいてなくて今回の僕の発見が学者を震撼させてたり(笑)

まあ結局いつもどおりぐだぐだ言うだけで答えは出ませんでした。
でもなんとなくスッキリしたしセミキルス界に一石を投じることができたかな


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

謎のセミアキ?

うちの変り種を紹介します。
セミアキ系なのかフォーレリー系なのかも微妙な面白い個体です。
だいたいの目安としてフォーレリィ系は背部に入る黒い模様が背びれの1番前あたりで終わり、セミアキ系は背びれより前に模様が伸びてそのままアイバンドにつながる。(アイバンドは口先の方に伸びて入り垂直には入らない)
そしてこの背部の黒い模様はフォーレリー系は細い?と言うかサンダー模様?って感じでセミアキ系は名前どおり体の半分くらいまで黒くなる。(セミアキルスとは半分暗い色という意味)
これらをふまえた上で画像を見てください。
セミアキルス?
どうですか?
どっちかわかりますか?
体が若干黒ずんでいるためわかりにくくなってますが黒い模様が背びれの1番前あたりで終わってるけど、黒い模様の面積は広く体の半分くらいまで黒くなってますよね?
さらに特徴てきなのがアイバンドが垂直に入っていることです。
フォーレリー系で言えばアイバンドが垂直に入るのはコリアタエの特徴とされていますがこの個体はどう見てもコリアタエとは違う。
雰囲気的にはセミアキで間違いないと思うんですが、アイバンドが垂直に入ってるセミアキルスは見たことがないし黒い模様が背びれの1番前あたりで終わってるのも気になる。
背びれも若干ブラックトップぎみ?
僕の中では変わったセミアキルスってことにしてますがフォーレリー系の特徴も兼ね備えた面白い個体です。
ちなみに販売名はフォーレリーで量販店で購入したため産地もペルーまでしかわかりませんでした。
さらにラスト1匹だったため同ロットの他の個体がどうだったのかもわかりませんでした。
皆さんの見解が知りたいので是非コメントお願いします

フォーレリーの稚魚は1cmくらいになりやっと「稚魚」と呼べるサイズになってきました。
今まで稚魚って言ってましたけどサイズ的には仔魚ってやつでしたので。
ブラインを湧かすタイミングに失敗したので今日はアルテミアをあげてみました。
一応食べてるっぽい。

応援クリックお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキング
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © LongNose-Life All Rights Reserved.Designed by WAREHOUSE. Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。