LongNose-Life

☆AquaCreatures:BlackShadow.Turquoise.JapanBlue.RedBee.Otocin.Ramshorn☆ ☆AquaPlant:Bucephalandra sp.☆ ☆mylife☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援クリックお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

そろそろ本気で

どうも
相変わらずなイタチです。

いつもアクアネタから脱線してばっかりですが今日は久々にアクアネタを

とりあえず現在の様子がこちら
26214

まあ、変わりばえしない感じですが、実は大きな変化が2つあります。

変化1
発色し始めたのか体色に斑模様が出てきた。
26215
こんな感じでヒレとか体全体に斑模様がでている。

少し前から斑模様がある個体が出てきて、なんだか汚い感じの個体ばっかりになってしまった。
今は斑模様が落ち着いて、そこまで汚い感じはしない。

初めは喧嘩でケガしてそこが変色しているのかと思っていたけど、どうやら違うみたいだ。
ヒレの斑模様はヒレ全体に広がっていきヒレに色がついた。
つまりこれって生体が成長して発色が始まったってことなのかな?
26213

ほら!
なんとなく赤くなってきたでしょ?

こんまま真っ赤な個体に仕上がってくれることを期待したい。


で肝心の変化2は・・・

実は生体の数が約半分の12匹になってしまった。

これは確実に僕責任なんだけど、確信犯でもある。

この気性の荒い魚を過密飼育すればそこら中で喧嘩がおこる。
26212
こんな感じで水槽内は常にどこかで小競り合いが起きている。

初めは喧嘩でボロボロになった個体や、小さくて弱い個体を隔離したりしていたんだけど、そんなやり方に限界を感じたのと、全ての個体を残すのは無理だと判断した。

熱帯魚業界で当たり前のように使われている「選別」と言う言葉。
これってようは、成長の悪い個体、美しくない個体を殺しているわけなんだけど、僕もそれをやらなければいけない状態になっていた。

ただ、やっぱりなんでも無い生体をいきなり殺す事なんてできない。
グッピーを大量に繁殖させた時はポリプテルスを飼っている知り合いに生き餌として貰ってもらったりしたが、今回はどうしよう・・・

いろいろ考えた結果、水槽内でのバトルロワイヤルに任せることにした。
そして壮絶な戦いの結果、1匹落ち・・・2匹落ち・・・現在の数になってしまった。

特筆すべきは、必ずしも大きな個体、強い個体が生き残ったわけではないということ。
小さく、弱いのため争いを避け続けた個体が生き残ったり、大きくて強かったのに戦い過ぎて最終的に命を落とす個体もいる。


現在は、水槽内の数、サイズでかろうじてバランスがとれているのか落ちるまで喧嘩することはないが、成長と共にまた自然淘汰されていくことになると思う。
でも、手塩にかけてきた個体達が殺し合いをするのは、やはり悲しい。

そこで、そろそろ本気で里親を募集します。
サイズは4~5cm程度
雌雄判別は出来ますのでペアで送ることも可能ですが、マクロストマは性転換したりもするので確実ではありません。
種親は一応、雌雄共にマクロストマで最も赤い個体の産地と言われているサラワク州MARUDI地区産の個体です。
興味のある方は連絡ください。



応援クリックお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

マジメにアクアブログ

髪型の話でさ
ツーブロックってやったことある?
俺は数ヶ月前からツーブロックにしてるんだけど・・・

今までツーブロックなんてしたことなかったんだけど、ちょっとやってみたくなってやってみたわけよ。
そしたら、短くした部分が伸びることによって変なボリュームができて横に広がっちゃう。
そんでそれが嫌でまたそこを短く切る。
そうすると自然とまたツーブロックになる。
それの繰り返しで現在に至る。

1度ツーブロックにすると抜け出せ無くない?


つうことで今日は少しアクアネタを書きます。

皆さんは魚の繁殖経験ありますか?
僕の飼育スタイルは繁殖成功を目標にしているため、これまで何魚種か繁殖をさせてきた。

僕の稚魚育成はとにかく飼育環境を清潔に保つことと、こまめな給餌を行うことを心がけていたんだけど、コレって間違っているような気がしてきた。

こまめな給餌は間違っていない。
ただ、清潔な飼育環境は稚魚の成長を遅らせる事になるのかもしれない。

と言うのもマクロストマの稚魚育成において手抜きをしている方が成長が早い気がするからだ。

1回目~3回目くらいまでの繁殖成功時は、とにかく頑張って育成していた。
毎日2~4回のブラインシュリンプ給餌。
食べ残しはこまめにスポイトで吸い取って、これまでの稚魚育成同様、清潔な環境をつくっていた。

だけど、ちょいちょい繁殖成功するようになってくると飽きてくる。
そんでブラインシュリンプを沸かすのも・・・

どうしようかな~ってことで浮き草浮かべて食べ残しもそのままにしておけば微生物的なものが自然発生してなんとなかるのでは?
と思ったわけ。
マクロ稚魚26.1.11-2
こんな感じ

そしたらこれが大成功。

毎日ブライン沸かしてた時よりも成長が早い!




気がする・・・

同時にやってる訳じゃないから正確ではないけど、感覚的にそんな感じがする。
特に感じるのは、ブラインを与えていた稚魚たちは給餌前には腹が平らになってるけど、ほったらかしの稚魚たちは常に腹が膨れている。
これって常に何か食べてるってことなんだけど、「こまめな給餌」の最強版だと思う。
当然、アルテミアとか人工飼料を粉状にしたものも与えているけどね。

ただし、稚魚の成長速度にかなりバラつきがあります。
マクロ稚魚26.1.11
一番上の個体と下の個体ではかなりサイズが違う

微生物の自然発生を活かした稚魚育成!
手間もかからないし、かなりお勧めです。

応援クリックお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

密やかにブログを更新してみた件

どうも
こっそりブログ更新してみます。

僕がブログ更新をしなくなった1番の理由は職場のPCからブログ更新ができなくなったからです。
昔は何でも出来たのに、フィルター機能がすごくてブログもSNSもできなくて仕事しか出来ない愚かなネット環境になってしまった

まあ、別にいいけどね。


クリスマス・・・
皆さんはどう過ごしましたか?
僕にはなぜかサンタが来ません。
もうずいぶん長い間サンタが来ません。
僕のサンタどこかで見かけませんでしたか?

まあ、別にいいけどね。



せっかく久々にブログ更新しようと思ったけど特に書くことはないんだよね。
だから一応現在のアクア状況を載せておきます。

とりあえず今のメイン水槽の状況
画像 003


こんな感じで4cm程のマクロストマが約20匹混泳してます
画像 004


ようやく雌雄の見分けが出来るようになってきた※コレは♂
画像 006


別のペアから採れた稚魚も数匹います
画像 008


うちでは数10匹採れるような大成功は1度だけですが、10匹程度の稚魚は何度も採れています。
つうか勝手にどんどん増えるから、もうめんどくさくて生まれてもほったらかしにしてます。
そんで気付くと親魚に全部食べられてますけど・・・何か?

マクロストマの繁殖が難しいって言ったの誰だよ
飼育も難しいなんて言ったの誰だよ

今まで飼育してきた生体の中で最も簡単な部類なんですけど・・・

またコリドラス飼いてぇな・・・
レセクッス飼いてぇな・・・


応援クリックお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

マクロストマの繁殖2回目の成功?

YOU は SHOCK!愛で空が 落ちてくる~
YOU は SHOCK!俺の胸に 落ちてくる~
熱い心 クサリでつないでも 今は無駄だよ
邪魔するやつは 指先ひとつで ダウンさー
YOU は SHOCK・・・・

ショックな出来事があった・・・
朝、いつものように自分の部屋の水槽をのぞくと、オスは相変わらず隅の方でじっとしていた。
「よしよし、まだ卵を咥えているな」
そっとメスにだけ食べさせようと餌の乾燥エビを投入。

メスが食べ損ねたその時っ・・・

オスがもの凄い勢いで突っ込んできてメスから餌を横取り!


えっ?

一瞬の出来事だったので最初は何が起きたかわからなかった。
でも、美味しそうにエビをモグモグしているオスの姿を見て全てを悟った。

君はとっくに卵を食べていたんだね・・・
強すぎるメスに怯えて水槽の隅でじっとしていただけなんだね・・・

まあ、しょうがない。
先日繁殖を成功させたばかりのオスだったから体力的にもきつかったはず。
リビング水槽のオスはまだ確実に卵を咥えているし大丈夫。
そんなにたくさん稚魚飼育するスペースもないし、ちょうど良かったよ・・・

負け惜しみ的な発想とリビング水槽のオスへの期待を胸に仕事に出かけた。
ただ、リビング水槽のオスはまだ若くてサイズも小さい。
しかも咥えているのは間違いないんだけど、日に日に口の膨らみが小さくなり、モゴモゴやっている以外は咥えているのが分からないくらいだ。

食卵してしまったオスが卵を咥えたのは6/22の朝。
この日は土曜日だったため繁殖行動をずっと見ていたから間違いない。
リビング水槽のオスが卵を咥えたのはその前日6/21か6/20。
順調にいけば2匹とも今週の土曜日7/6に吐き出させる予定だった。

予定だった・・・・

仕事の後、クライミングジムに行き夜12時くらいに家に帰ってきた。
急いで稚魚にブラインシュリンプを与えていると、リビング水槽のオスが「エサくれ~」とクネクネダンスを始めた。

まさか?!


確認すると、口を大きく開けて卵を咥えていないことをアピール・・・

終わった・・・・

今週末には稚魚が40~50匹増える予定だったのに。
連続で繁殖成功して自慢するはずだったのに。
マクロストマのブリーダーになるはずだったのに。

順調だと思っていた2匹は同時に僕の期待を裏切った。

あきらめて以前からリビング水槽に追加設置しようと思っていたスポンジフィルターを設置し、入れてあったシェルターを移動し、隔離していたメスを投入した。

メスを入れるとすぐに威嚇しあいが始まって、数日前まで一緒にいたくせにバカだな~なんてことを思いながら水槽を眺めていると、超小さい生き物が底でピクピクしていた。

まさか?!(本日2回目)

慌てて確認するとあきらかに早すぎるヨークサックでか過ぎの稚魚だった。

そしてそこにメスが現れ・・・・・パクッ!

おいっ!

大急ぎで稚魚のサルベージを開始。
その間もメスは口をモゴモゴし何匹か食した様子だった。

結局、救出できた稚魚は5匹だけでしかも明らかに早すぎる稚魚達だった。
画像 001
サルベージできた5匹


画像 002
小さすぎ!無事に育つのかな・・・?

とりあえず1日たった今もなんとか生きている様子だ。
このまま順調に育ったとして、これって繁殖成功なんですかね?



応援クリックお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

マクロストマ稚魚の成長

やる気スイッチ僕のはどこにあるんだろう~
やる気スイッチ僕のはどんなのなんだろう~
教えてあげるよ君だけのやる気スイッチ~

誰か!
僕のやる気スイッチをONにしてください!!

このままじゃ遊んでばっかりで仕事が出来ないダメ男になっちゃうよ~
アルシンドになっちゃうよ~
友達なら当たり前~
・・・・・・。

何か?

さて、マクロストマの稚魚ですが成長速度は本当に早いです。
最終的な体長が10cm越えということもあってか日に日に成長していきます。
成長が目に見えてわかると、めんどうなブラインシュリンプ給餌も頑張れますね。
画像 002
ブラインでパンパンのお腹

吐き出し当初、3匹ほどヨークサックがいつまでも小さくならず、ベリースライダーのような個体がいたんですが、今のところ1匹だけ謎の死をとげた以外は全員無事に育っています。
画像 001
もう既にマクロ特有の縦縞と尾びれの付け根の黒点が出てきた


でも・・・
何か計算が合わないのよ。

38匹吐き出し
吐き出し直後に2匹☆
原因不明で1匹☆

38-2-1=35

でもサテライト内を確認すると33匹~34匹しか数えられない。
動き回られるので正確な数を数えてないけど、1~2匹足りない気がするんだよね。
脱走は不可能だし死体も確認してないから初めに数え間違えたのか?
それともちゃんと35匹いるのか?
もしくはイタチ水槽特有の神隠しか?

まあ写真を撮って数を数えれば済む話なんだけどね。
とりあえず稚魚はそんな感じです。

そして順調と言えば前回お伝えした新たに卵を咥えた2ペアですが、こちらも無事に3日目の壁を越えました。
そのうち1ペアはリビングに設置している水槽で、毎日子供達の大騒ぎの中、頑張って咥えています。
このハイプレッシャーの中で繁殖成功することは、僕にとってはとても意味のあるもので、多少騒がしくても水質さえ合っていれば繁殖を狙えることが確認できるし、リビングで普通に飼育してるだけでOKってことだからね。
なんとか2週間頑張ってくれることを祈ります。




応援クリックお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキング
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © LongNose-Life All Rights Reserved.Designed by WAREHOUSE. Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。