LongNose-Life

☆AquaCreatures:BlackShadow.Turquoise.JapanBlue.RedBee.Otocin.Ramshorn☆ ☆AquaPlant:Bucephalandra sp.☆ ☆mylife☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援クリックお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

ロングノーズ大図鑑2

今日も頑張って走りましたよ。
体は痛いのに走り始めたらけっこう気持ちよくて昨日よりちょっと多めに走っちゃいました

でもいつもブログを書いたりする時間に運動するようになったから正直言ってブログを書く時間がない
まあ特に書くネタもないんだけど・・・

という事で、こんな時のための必殺技「ロングノーズ大図鑑」!
コイツの存在をすっかり忘れていたけど久々の登場です。
久々って言うかまだ2回目ですけどね(笑)

この手のネタは本当に人気がなくて「嫌われてるのか?」って思うほどなんですが、皆さんつまらなくてもコメント&ポチッとしてくださいね
ではではロングノーズ大図鑑2種目です。


個体2
コリドラス・セミアキルス"ブラックペルー"
学名:Corydoras semiaquilus Weitzman cf.semiaquilus "BLACK PERU"
分布:ペルー(ウカヤリ川)
全長:10cm
雌雄:他のバリエーション同様オスは胸鰭が太くなり体は長い。 ※上記画像の個体は雄
     雌雄判別については下記を参照ください
特徴:セミアキルスの学術記載時にパラタイプ標本となったため本物のセミアキルスの1つとされている。
     尾鰭にはハッキリとした縦縞が入り背鰭にも棘条付近に横縞が入る。
     最大の特徴はやはり尾鰭にハッキリと入る縦縞であるが、柄の入り方が何種類か存在するため
     個体差ではなく地域差があると思われる。
     地域差の見分けのポイントとして記載地採集個体はアイバンドが垂直に入っていたり尾鰭の縦縞
     が細かく入っている等の特徴がある。
     セミアキルスのバリエーションの中でも体高がある方でワイルドの大型個体は迫力がある。
     このブラックペルーに関しては「クレッセントの特徴」を持つ個体は見たことがない。
     また「目」の形が猫目になっているので見分けの際には「目」を観察するのもよいだろう。
性格:やや気の荒い種と言われていて小競り合いをたまにするが、混泳魚にケガを負わせたり
     死に至らしめるようなことはなく他のコリドラスとの混泳は問題ない。
疑問:セミアキルス・ブラジルとは明らかに違うのになぜ同種として記載されたのかがわからない。

個体1
この個体は雌個体であるが写真1枚目の雄個体と比べて尾鰭の縦縞の入り方が全然違うのが確認できる。
間違いなく別産地の個体であり、雌は記載地採集の個体と同様の縦縞の入り方をしているので記載地若しくは記載地周辺で採集された個体群の内の1匹だと思われる。
 
雌雄の見分け方
最大のポイント胸鰭の棘条で雄個体は太くて長い
雄個体
ブラックペルー雄
雌個体
ブラックペルー雌
真上から観察すると違いが良く分かります。

ブラックペルーについては過去にぐだぐだと書いてますので気になった方はこちらを読んでみてください  

応援クリックお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ロングノーズ大図鑑

kacchanpapaさんやjetさんに持ち上げられたので早速乗っかってみました
出しちゃうよ
ロングノーズ大図鑑!!

と言う事で今日は図鑑風に書いてみます。

セミアキルスV(雄)
コリドラス・セミアキルス"V"(ファイブ) 
学名:Corydoras semiaquilus Weitzman cf.semiaquilus"V"
分布:ペルー(ウカヤリ川)
全長:10cm
雌雄:他のバリエーション同様オスは胸鰭が太くなり体は長い。 ※上記画像の個体は雄
     雌は太さが出るため雄と比べると寸詰まったように見える。
特徴:セミアキルスのバリエーションの1つとされている。
     尾鰭に模様は入らいないが背鰭には模様やブラックトップが入る個体もいる。
     はっきりとした特徴はなくVという販売名でもいろいろな個体がおりブラック・グリーンの
     名で売られてる個体も"V"だと思われる。
     クレッセントの特徴を持つ個体も多いためクレッセントとの見分けはかなり難しいがブラッ
     クトップが入っていれば"V"で間違いないだろう。
     しかし、そもそもクレッセントをバリエーションと考えるのは間違っている気がする。
性格:やや気の荒い種と言われていて小競り合いをたまにするが、混泳魚にケガ
     を負わせたり死に至らしめるようなことはなく他のコリドラスとの混泳は問題ない。
疑問:"V"(ファイブ)と言われてるがⅠ~Ⅳがいるのか不明である。

セミアキルスV(雌)
雌個体
雄と比べて胸鰭の棘条が細いのが確認できる。
上記の画像個体は雌雄共に体色が黒ずみ本来のメラニンが確認し辛いがブラックトップぎみの背鰭になっていることで"V"だと認識できると思う。   

応援クリックお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキング
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © LongNose-Life All Rights Reserved.Designed by WAREHOUSE. Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。