LongNose-Life

☆AquaCreatures:BlackShadow.Turquoise.JapanBlue.RedBee.Otocin.Ramshorn☆ ☆AquaPlant:Bucephalandra sp.☆ ☆mylife☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援クリックお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

そろそろ本気で

どうも
相変わらずなイタチです。

いつもアクアネタから脱線してばっかりですが今日は久々にアクアネタを

とりあえず現在の様子がこちら
26214

まあ、変わりばえしない感じですが、実は大きな変化が2つあります。

変化1
発色し始めたのか体色に斑模様が出てきた。
26215
こんな感じでヒレとか体全体に斑模様がでている。

少し前から斑模様がある個体が出てきて、なんだか汚い感じの個体ばっかりになってしまった。
今は斑模様が落ち着いて、そこまで汚い感じはしない。

初めは喧嘩でケガしてそこが変色しているのかと思っていたけど、どうやら違うみたいだ。
ヒレの斑模様はヒレ全体に広がっていきヒレに色がついた。
つまりこれって生体が成長して発色が始まったってことなのかな?
26213

ほら!
なんとなく赤くなってきたでしょ?

こんまま真っ赤な個体に仕上がってくれることを期待したい。


で肝心の変化2は・・・

実は生体の数が約半分の12匹になってしまった。

これは確実に僕責任なんだけど、確信犯でもある。

この気性の荒い魚を過密飼育すればそこら中で喧嘩がおこる。
26212
こんな感じで水槽内は常にどこかで小競り合いが起きている。

初めは喧嘩でボロボロになった個体や、小さくて弱い個体を隔離したりしていたんだけど、そんなやり方に限界を感じたのと、全ての個体を残すのは無理だと判断した。

熱帯魚業界で当たり前のように使われている「選別」と言う言葉。
これってようは、成長の悪い個体、美しくない個体を殺しているわけなんだけど、僕もそれをやらなければいけない状態になっていた。

ただ、やっぱりなんでも無い生体をいきなり殺す事なんてできない。
グッピーを大量に繁殖させた時はポリプテルスを飼っている知り合いに生き餌として貰ってもらったりしたが、今回はどうしよう・・・

いろいろ考えた結果、水槽内でのバトルロワイヤルに任せることにした。
そして壮絶な戦いの結果、1匹落ち・・・2匹落ち・・・現在の数になってしまった。

特筆すべきは、必ずしも大きな個体、強い個体が生き残ったわけではないということ。
小さく、弱いのため争いを避け続けた個体が生き残ったり、大きくて強かったのに戦い過ぎて最終的に命を落とす個体もいる。


現在は、水槽内の数、サイズでかろうじてバランスがとれているのか落ちるまで喧嘩することはないが、成長と共にまた自然淘汰されていくことになると思う。
でも、手塩にかけてきた個体達が殺し合いをするのは、やはり悲しい。

そこで、そろそろ本気で里親を募集します。
サイズは4~5cm程度
雌雄判別は出来ますのでペアで送ることも可能ですが、マクロストマは性転換したりもするので確実ではありません。
種親は一応、雌雄共にマクロストマで最も赤い個体の産地と言われているサラワク州MARUDI地区産の個体です。
興味のある方は連絡ください。



応援クリックお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

インフルエンザ襲来

どうも
インフルエンザになってしまったイタチです。

先週の日曜日
朝から長女が具合が悪く高熱にうなされていた

月曜日
長女が病院でインフルエンザとの診断をうける
仕事から帰ると妻が喉の痛みと発熱をうったえる

火曜日
次女を実家に預けて出勤し、妻には病院に行ってから一日ゆっくり寝ているように伝える
妻はインフルエンザではないとの診断であった。
夕方頃から僕も喉の痛みと発熱があった。
仕事から帰り、妻と長女と自分の分の夕食を作り、夕食後に次女を迎えに行く

水曜日
朝から37℃後半の熱があったが、とりあえず出勤
上司に家族の状況を伝えると「インフルエンザの可能性があるから病院に行け」との指示により夕方1時間ほど有給をもらい病院へ。
検査の結果インフルエンザではなかった。
家に帰り夕食をつくり次女の世話をしてから早めに就寝

木曜日
この日も朝から37℃台の熱が続いていた。
関係会社との会議があったため、午後から1時間ほど電車にのり会議に出席
さすがに人混みはキツイと感じたが、なんとか乗り切り帰宅する。
帰宅するとリビングで寝転がっていた妻が「おがえり・・・」と今にも死にそうな声で具合の悪さをアピールしていた。

なんで3日もダラダラと寝てるだけのお前が無理して働いてきた俺より具合悪そうにしてんだよ!
その具合悪いアピールを今すぐやめろ!!


そんなモンクを一言も言わずに、すぐに子供の夕食の準備をし、次女の世話をしてから早めに就寝
具合の悪さではなくイライラでなかなか寝付けなかった・・・

金曜日
相変わらず熱が続いていたが状態はそれほど悪くないので普通に出勤。
午前中、再度病院に行った妻からインフルエンザの診断を受けたとの報告を受ける。
まあ、そうだろうなとは思っていた。
そして間違いなく俺もインフルエンザだろうと・・・
仕方なく上司に相談する

上 司:病院で再度検査してこいよ
イタチ:状況的に僕も間違いなくインフルエンザだと思います。インフルエンザの診断がでたら仕事を休まなければいけなくなりますよ。明日も仕事が入ってますし、体調的には問題ありません。
上 司:休まれるのはキツイけど感染が拡大する方がまずいから再検査して白黒はっきりさせてこいよ。

結果、インフルエンザでしたYO

言いたいことはいろいろある。
妻や僕の最初の診断時にインフルエンザの陽性反応が出なかったとしても、状況的にインフルエンザであることは明白だったはずだ。
検査にしても発症からある程度の時間が経過しないと陽性反応が出ないのは、みんなが知っていることであり、医者なら当然それくらいは考慮すべきなのでは?
医者はインフルエンザの検査キットに頼りすぎて自分で診断していないってことなんじゃないか?
医者がインフルエンザじゃないと診断した時点で僕のような人間は普通に出勤するんだから感染が拡大してしまうじゃないか。
結果として間違った診断、処方箋を出し患者の費用負担が増える。どうせ間違うならインフルエンザと診断してインフルエンザの薬を処方しておけば、結果がすぐに分かるし、感染拡大も防げるのに。

でも僕が一番言いたいことは・・・

すぐに具合悪いアピールをする奴!
先に言った者勝ち、アピールした者勝ちの世の中なんて俺は認めないからな!!


画像がないと淋しいので
画像 003
会議に行った日のランチ
「栄養つけて早く治せ」と上司が4000円の上鰻重をおごってくれた。

ありがとうございました。
でもウナギじゃ治らなかったYO

応援クリックお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

赤ペヤングを超えろ!

自分の人生が嫌になったことはありませんか?
このまま一生この仕事を続け、一生この場所に住み、特に大きな変化もないまま暮らし続ける・・・
そう考えると僕の人生のピークは過ぎていて、後はただの消化試合にすいぎない。

そんなんでいいのか?

否!

断じて否である!

自分が腐らないために、刺激が欲しいんだよ。
何か特別な刺激が・・・


そんな刺激が欲しい人はこちら!
エースコック
エースコックのスーパーカップ大盛りいか焼きそば極辛RED

この辛さ凶暴につき!
大変辛い焼きそばです。小さなお子様や辛いものが苦手な方はご注意下さい

カップ焼きそばはペヤングと決めている俺だけど、このパッケージを見た瞬間リアクションバイトしてしまった。

あのぶっ飛んだ奇跡の商品「ペヤング激辛やきそば」通称:赤ペヤングを超える商品となるのか?

ここまでのうたい文句なら期待できる。
しかもペヤングよりも後発の商品だし、中途半端なマネはできないはずだ。

で、早速食してみることに。
開けてみると液体ソースの他に激辛のパウダーが付属していた。

なるほど・・・
これで辛さを調節出来るというわけか・・・
じゃあせっかくだから調節しながら食べてみよう・・・


そんなんでいいのか?

否!

断じて否である!

男なら初めからパウダー全投入だろうが!!!


そして「梨汁ぶっしゃ~」とばりにパウダーを全投入して食した。
※梨汁ぶっしゃ~とは僕の地元のゆるキャラのセリフです




辛い・・・
確かに辛い・・・

が!

ペヤングには及ばない

とてもガッカリしたが、改めて赤ペヤングの凄さを痛感した。
アイツはぶっ飛びすぎている。
きっと商品開発者の熱意が半端じゃなかったのだろう。

プレゼン時のやりとり
専務:お前らバカか?こんなもの発売したらクレームばっかりだぞ。
課長:そうだぞ!こんな辛いもの食べれるわけないだろ。いったい何考えてるんだ!

その場にいた全員から罵声を浴びせられた開発チーム
そんな中、一人の男が口を開いた。
開発チームの責任者であるT助だ。

T助:後からマネ出来るレベルのものを発売しても意味がない。誰もマネできないことをやる。
   それが・・・
   ペヤングです!!


社長:T助!GOだぁ~!!!


つうことで同時に見つけたペヤングの新商品も購入した。
ツブマスタード
コレ、美味しいけど、とっても普通でした


どうやら開発チームは変更になったらしい・・・

応援クリックお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

奇跡の贈り物

どうも
最近ハマっているミュージシャンはMCハマーです。
最近ハマっているお酒は寫楽の純米吟醸です。
でも上司にいまいちハマらないイタチです。

最近毎日つまんね~な
人生をリセットしたいな・・・
3年くらいボルネオ島あたりでのんびり暮らしたいよ。

今日は素敵な贈り物をいただいたお話

仕事から帰るとポストに怪しげな封筒が・・・
また俺への脅迫状が届いたのか?
探偵社から浮気の証拠写真でも送られてきたのか?
そんなことを考えながら開けてみると、中身はなんと微糖のフチ子!

※微糖のフチ子を知らない人はコチラ

リンクさせていただいてるkeibocchiさんからのプレゼントだった

プレゼント
丁寧な手紙まで付いていて、なんだかとっても癒された。

この世界もそんなに悪くないな・・・
明日からまた頑張ろう!
keibocchiさん本当にありがとうございました。

で、何が奇跡かというと・・・

実はkeibocchiさんの記事を読んで僕もすぐにスーパーへ探索に出かけていたのだ。
そして3つほど微糖のフチ子を手に入れていた。

微糖のフチ子は全6種類
1摘みたてフチ子
2ミルクとフチ子
3たそがれフチ子
4おてんばフチ子
5角砂糖とフチ子
6コーヒー豆とフチ子

この内、僕が手に入れたのは1番、2番、4番のフチ子だけだった。
残念ながら1番欲しかった3番のフチ子は手に入れられなかったのだ。

しかし、今回keibocchiさんから送られてきたのは3番、5番、6番のフチ子だった!

被りなしのフルコンプリート!
コンプ
まさに奇跡的な出来事だった。

いつかお礼に何か送りますね。
倍返しだ!

・・・。


もう古い?



つうことでコイツにもやっと彼女が出来ました
フチコボーンデート

応援クリックお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

苔に挑戦

どうも
心に傷を負い、酒ばっかり飲んでるイタチです。

誰か本当の僕を見つけて下さい。
本当の幸せとは何か教えて下さい。

と言うわけで今日はタイトルどおり苔のお話。

333ばんきんのすいそうさんの記事に感銘を受け、苔に挑戦してみました。

用意したのは100円ショップで買ってきたガラスの器と、いつか使おうと保持していた軽石でできた器。
侘び感を出すために育てている長生蘭を少し株分けしてみた。
あとは大量に余っている田砂、ソイルくらいなもんですかね。

肝心の苔は職場の建物周辺に腐るほど生えてるのでテキトウに採取してきました。

残念ながらビフォー画像は一切ありません。
思いついたらすぐにやってしまうのですみません

まずはガラスの器を使ったレイアウト
苔ガラス
いい感じ

レイアウトなんて言っても、田砂を敷いて苔と流木をテキトウに配置しただけ
でもなんとなくそれっぽく見えますよね?

たぶん、低床はソイルとか土なんかが良いんだろうけど、清涼感を出すためにあえて田砂にしてみた。
苔は朽ちた苔の上に生えていくようなので、低床が砂や石でも問題ないだろうと勝手に判断。

そしてここでもコップのフチボーンが大活躍!
苔ガラスボーン


続いて軽石製の器でのレイアウト
苔侘び
もの凄い侘び感!!!!

株分けした長生蘭がとってもいい感じ
こちらは低床をソイルにしてみました。

長生蘭の植栽方法には少し工夫をして、ソイルに直接植えているわけではありません。
どうやっているかは秘密だけどね

当然ここでもコップのフチボーンは活躍できます!
苔侘びボーン
さらに侘び感UP?

そしてこんなゴツゴツした岩山と言えば当然あいつの出番だ!

スーパークライマー!

フチ子!

苔侘びフチ子
彼女はいつでも、どんな岩でもキャンパで登ります!

苔やってみて楽しかった。
あとはうまく維持できるのかが問題ですが、調べながら上手に維持出来るようにしていきたいです。
苔侘び日光





応援クリックお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキング
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © LongNose-Life All Rights Reserved.Designed by WAREHOUSE. Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。